整膚学園ホームへ


整膚学園


「整膚師」 論文


                                   整膚師  白岩 広之

 私は、アトピー性皮膚炎で、北村皮膚科に通っていたのですが、その時に担当の医師の北村和子先生に整膚を勉強してみないかと言われたのが整膚との出会いです。 この時、私はアロマセラピーの資格を持っていて、皮膚に触れる機会が多かったので勉強してみたいなと思ったのがきっかけでした。
 整膚は、皮膚を押すのではなく、引っ張ることによって血液や体液の流れを良くし、症状の改善や、予防、それによる健康を目指すものである。
 まだ日は浅いのですが、整膚の勉強を始めてみて、驚くことが多いです。押すのではなく、引っ張るというのをアロマセラピーと組み合わせられないかと、 整膚による拡張法、皮膚を拡げるように伸ばすやり方をアロマオイルを塗った状態でできないかなど色々試したりもしています。
 あと、整膚にはアトピー性皮膚炎に対しての施術法もあり、それを実際に自分に試していたりもしています。すごい痒いときは、そのまま掻いてしまうのですが、  無意識に掻いてしまった時は、気づいた時から皮膚を引っ張るようになったり、だんだん痒くなってきたなという時には皮膚を引っ張ってかゆみが治った時もありました。  その他に症状が皮膚に現れている所には、その周辺を引っ張って症状が改善するか試していたりもします。
 このように私は、整膚と出会って日々の生活の中に皮膚を引っ張ることを取り入れて生活するようになりました。




                                  柔整師・整膚師  籐 優

 私が整膚と出会い変わったことは、今までの固定概念です。学生時代の手技はもちろんほとんどの接骨院では指圧やマッサージを行っており、 その手技が当たり前で自分もこの先この手技でやっていくのだとばかり考えていました。
 しかし、現在勤務中の中島接骨院で整膚と出会い、今まで押すのが当たり前だと思っていたのが、引くという逆の発想の手技で衝撃を受けました。 そして、何より驚いたのが心地がよいという所でした。今まで引っ張られるということは私の考えの中では痛い、 できればやめて欲しいという負の感情でした。しかし、整膚は全くそんな感情を抱かずに心地良いからともっとやって欲しいと思ったのです。 そして、私が国家試験を習得して実際に患者さんに整膚を施術するようになってから全ての患者さんから「楽になった。」「ありがとう。」という言葉を頂いて嬉しくなりました。
 学生の頃、授業の一環でマッサージを行った事があったのですが、その時、指圧で思い切り押しても「気持ち良くない、 もっと強く押して下さい。」と言われて指を傷めた事がありました。その逆で「気持ちいいからグイグイ押してくれ」と言われて強く押して、 次の日揉み返しがきた。なんて話もあります。その点、整膚は皮膚を引っ張っているだけなので、揉み返しもきません。 そして何より患者さんが受けていて気持ち良いのはもちろんのこと術者自身の負担が少なく疲れないということが何より驚きました。 今まで、術者患者共に心地良く健康になれる施術方法があるなんて考えもしなかったです。熱海の講演会でお聞きした「素直は財産」 と言う言葉はまさにその通りだと思いました。今までの固定概念にとらわれて何でも否定するのではなく、 まず受け入れてやってみて自分の目で見極めることが大事だと思いました。治療家として成長していく過程でこれだけ早い段階で整膚に出会えてこれほど嬉しいことはないなと実感しつつ、 これからもつきつめて整膚を学んでいきたいと思います。




                        鍼灸師・マッサージ師 日本整膚医学博士 大橋 有紀子

 整膚は、一般的に行われる指圧、マッサージなど、多くの治療科が行う手技の概念を根本的に覆す究極の治療法である。私達は真の血流改善とは何かを再度考え直す必要があるのではないだろうか。
 一般的に知られている手技に指圧がある。指圧は筋肉への圧迫がメインとなる。実際に組織が緩み、可動域が上がった経験がある人もいるのも事実だが、 実際はどうであろうか?数日間は楽にはなるが、日常生活や癖によりすぐに硬くなる人が多い。これは指圧により、筋繊維を損傷させ、刺激により繊維が切れる事により一時的に緩みが生じる。 そして壊れた細胞を修復させる為に、筋小胞体からカルシウムイオンが大量に放出される。これらを放置すると、カルシウムイオンが固まり、さらに長期化すると石灰化まで起こる。 鍼治療も同様である。一時的な血流増加はフレアー現象でも証明はされている。しかし、問題は、そこに筋繊維の損傷があるという事である。
 私は、現在、プロのアスリートを担当している。現在、6年目になるが週2回指圧やマッサージを行って来た。施術前後で毎回変化はあるものの、ハードなトレーニングで、 次回の施術時には、体が元に戻る事が多かった。しかし、2019年1月末に東洋鍼灸専門学校にて整膚と出会い、自身の顔に毎日整膚を続け皮膚が柔らかく出来た事に自身が付き、 彼に整膚を取り入れた所みるみると身体に変化が見られた。筋膜の癒着が徐々に取れ、関節可動域が一気に広がった。本人も今までのマッサージとの違いを明らかに実感しており、 身体の動きが変化し、理想の動きが出来るようになり、深部の感覚の違いも実感されている。それだけでなく、脳がクリアになり、精神的な作用があるとの事。
 皮膚を引っ張ると、血流、体液の流れが改善され、一時的でなく、根本的に身体の持つ本来の力を引き出せる事が出来ると実感した。
 整膚は指圧やマッサージと異なり、筋繊維を傷つける事なく、血流増加が可能である。私は整膚との出会いに感謝している。そして、より研鑽し、効果を出せるように努力をし、より多くの人に一般的に周知してもらえるようにしていきたい。

                               日本整膚医学博士 向谷 晶吉

 整膚の資格をとり、早5年が経過しました。その間の実践を通して個人的に得た実感を、いくつかの項目にまとめてみました。

〈一つ目の事例〉
 今年で91歳になる私の母は、350q離れた実家で一人暮らしをしています。頭はしっかりしていますが、股関節が変形し、膝が湾曲し、 歩くと膝の痛みを伴う為、室内では壁の伝い歩き、外では家の周りしか歩けない状態です。私は母の身の回りの世話をしに月1回のペースで実家へ行く折に、 整膚を施術しています。膝の痛みについては、膝を含めた下肢の整膚をすることで翌日は痛みも和らぎ歩けるようになるのですが、 少し良くなると、買い出しに連れ出した際にカートを張り切って一人で押して歩きたがるため、その後はまた足が痛くなるという繰り返しが続いていました。
 ある時、下肢の整膚が終わってしばらくした後に、頭を突き出したような猫背の姿勢で過ごす母の肩から背中を整膚すると、気相の弱でも痛がるということがありました。 最初の痛みを少し我慢してもらいながらしばらく施術すると、肩から背中の痛みが和らいでいきました。その日は背中全体と胸の気相整膚をして就寝させました。 翌朝、母は非常に爽快に目覚めてすっと起き上がり、2回から階段をほぼ痛みなく降りる事ができたと驚きながら非常に喜んでいました。 姿勢も以前に比べるとまっすぐになっていました。歩行の際に足にかかる力の状態が変化したのではないかと思います。
 体のゆがみ、姿勢が、歩行時の膝の痛みにこれほど関係するのだと実感し、今後の施術にもこの視点を活かしていきたいと思っています。

〈二つ目の事例〉
 二つ目は、以前に発表した私の足の指の変形改善についてのその後です。以前、私は次のような事例報告をしました。
 自身の左親指が少ししびれる症状があり、あまり気には止めていなかったものの、同僚が外反母趾で指が痛いので治療をしていると聞いて、 さて、自分の足の親指は、と意識を向けてみると、左の足の親指は第一関節から左に曲がり、右の親指は第二関節から右に曲がっている事に気づきました。 普段もお風呂に入るときは足の裏を引っ張っていたのにこの変化に気づいていない自分に愕然とした事を憶えています。それから3カ月。 朝の数分と夜にお風呂に入っているときに両足の指を整膚しました。八風と各指を丁寧に数回ずつ引っ張り、親指は第二関節の周り全体を二指提法で、 タコのように表皮が硬化していた第一関節の外側は擠皮法で柔らかくなるように思いを込めて耕しました。3カ月経つと太くなっていた足の各指はスリムになり、 右の親指は全体にかなり真っすぐになり、左の親指の痛みはいつの間にか消えていました。ただし、 左の親指の第一関節の曲がりは少し改善したもののまだまだ時間がかかるのではないかと思っています。
 この後も、夜お風呂に入った時だけ数分両足の指を整膚していましたが、ある時、タコのように表皮が硬化していた親指第一関節の外側が白くなり、 角質化した部分がぽろりと剥がれ落ちました。写真のように、第一関節からの変形も小さくなり、整膚を続けることで外反母趾も改善することが実証出来たと思います。




                            看護師・整膚師 整膚美容学博士 三浦 あけみ

【はじめに】
 母は、今年90歳を迎えたが昨年から心不全で入退院を繰り返し今年も4回入院しました。私は、4月から週3~4日のデイサービスで看護師の仕事をしながら母の面会に行き、 看病をしています。医師からは、入院するたびに「もうこれ以上薬剤も使えない為、家族も覚悟を決めて下さい。治療法はないです。」と、毎回説明される度にひやひやしていますが、少しでも苦痛が和らぐように関わっています。
 今回、整膚で母の心不全の症状の緩和、褥瘡の改善治癒が出来たので事例を紹介します。倫理的配慮として本人、家族の承諾を得て本文、写真を掲載しています。

【結果】
事例紹介:90歳女性 病名―心不全・腎不全・認知症・高血圧・糖尿病
     バルン留置中、経鼻酸素中。

1.心不全について
 (整膚前)
 H30年2月の胸部レントゲンで右胸水が貯まっているために、呼吸が浅くいつも肩呼吸で倦怠感と喘鳴があり、長く話せない状態が続いた。食事中もお茶を飲んでもむせることが多くあり、 食事量も0~3割。酸素3LでSpo85から93%(酸素値)と低く呼吸困難症状が続いた。腎機能の低下でバルン留置中。尿量は、500ml前後で少ない。
 (整膚後)
 胸部、頚部、腎臓部を「拡張法」、「二指、三指提法」気相整膚で行った。
 Spo2 97~99%で呼吸状態は穏やかで肩呼吸も消失して、整膚後は、安定した呼吸になり夜も眠れるようになった。
 母にセルフ整膚の仕方を指導、実施していたので呼吸が苦しくなった時は「胸を自分で(皮膚)引っ張ったら楽になったよ」と、話していた。精神的に落ち着かず喋り詰めの時もありましたが、整膚している間は顔の表情も穏やかになり、眼を閉じてリラックスしていました。
 食事は、むせる事も無くなり6〜9割摂取。水分は、たまにむせることもあるが自力で咳込んで出して肺炎の発症はなかった。
 整膚が終わるといつも「ありがとう」と、言って感謝の言葉、笑顔が返ってきました。

2.褥瘡について
 (整膚前)H30年2月発熱、心不全で入院中に安静2日間、体位変換していなかったため褥瘡が出来てしまった。
※肛門周囲、仙骨部(大きさ5×8p・3×5p)、暗紫色、皮膚剥離
@39.6度の発熱 A心不全の悪化 B栄養状態悪く骨突出あり C下痢便1日7〜10回あり肛門が爛れ易い状態

(整膚中)H30年3月(15日目)
 褥瘡になる要因は、弔辞移管皮膚が圧迫され血流が悪くなってしまうことです。皮膚を引っ張ることによって、皮膚の温度・湿度・通気性改善されるため褥瘡には非常に効果である。
 母は、痛みが強くあるため気相整膚の弱で褥瘡の周辺、腹部、鼠蹊部、腰部、背中を痛みが出ないよう浅く軽くゆっくり行った。
 時間は、20分〜60分
 手技は、「二指提法」「拡張法」「斜振法」「提停法」「二指巻法」
 妹にも整膚の方法を指導して、姉妹で面会毎に褥瘡が治るように整膚を続けた。
 会話しながら少しでも痛みの緩和、リラックスできるよう頭・7孔・仙骨部など全身整膚を行った。
 病院は、エアーマットのベッド変更と体位変換。

(整膚中)H30年6月(4か月目)
※肛門周囲、仙骨部(2×4p・2×3p)ピンク色、表皮が一皮めくれた状態
@退院して施設へ A日中車椅子生活 B下痢便4〜6回 C体重2s増加
 整膚―体力、皮膚の状態に合わせて気相または機能整膚で施行
 時間は、15〜30分、手技は「二指・三指提法」「二指振法」
 再発しないようにした。

(整膚後)H30年10月(8か月)
※褥瘡は治った(仙骨部皮膚薄い)がまた病状悪化により褥瘡出来やすい状態で今後も整膚が必要
 @日中車椅子乗車が長い(施設)10月5日入院でベッド上安静 A下痢2〜4回
 B食事量は増えたがむらがある C経鼻酸素中 D心不全増悪 
 最初指だけで皮膚を引っ張る整膚に母は、半信半疑でしたが今では「指だけでこんなに気持ちよくなるのはとても良いね、お尻(褥瘡)も痛くないよ」と、笑顔で整膚の良さを他の患者さんにも伝えていた。
◎お花見―3月
 酸素吸入しながらの退院となる。花が好きな母を、毎年花見に連れて行っていた。初めての外出は本人の希望を聞いて私の夫や姉妹で笠寺観音へのお花見に行きました。桜を触って素敵な笑顔。散歩道の店でおはぎ1個をペロリと食べ「おいしかった」
◎蕎麦屋へ外出―6月
 近くの蕎麦屋へ散歩。大好きな蕎麦をペロリ食欲復活した頃。

【考察】
 母は、一か月から一か月半入院して施設に戻るという事の繰り返しで落ち着かない日々が続いていた。度々の入退院のため環境に慣れない事、加齢により認知症も最近進んできた。
 整膚は、2本の手(指)だけで道具、場所もいらず経済的で、赤ちゃんから高齢者、癌の患者さん、看取りまで行えて痛みも緩和できる。妹にも整膚のやり方を指導して、 姉妹が交代で面会毎に行き全身整膚、部分整膚をして、免疫力を高めるようにして母との時間や絆を深めていきました。
 入院中は、個室に入っていて、家族・看護師のみしか部屋には入らない為家族が帰る時は「私も帰る、一緒に連れて帰って」「病院では死にたくない。 施設に戻ってみんなと過ごしたい。」「これ以上痛いことは嫌。しないでほしい。」という本人の思いや希望を家族で話し合い、延命治療しないで自然に任せる最期とした。
 施設に戻れるように施設の先生・施設長・看護師と家族とで退院調整の話し合いや連携を取り11月12日退院できました。13日から食事の時だけ車椅子に乗り6〜10割自分で食べ念願のお風呂(寝て入るお風呂) も入り顔の表情も元気な時の母に戻りつつあります。母の生命力と自然に任せて施設で日々の生活が出来るよう母が安らかに自分の最期を自分らしく迎えられるようにしています。
 あと4か月で母は91歳になるので、それを目標に食事や苦痛を少しでも少なくできるように整膚しながら見守っていきたい。母の看病をしながら、痛みや苦しみが少しでも楽になれるよう整膚していきたいと思います。

【結語】
 母の看病を通して整膚は、心不全・褥瘡の改善につながる。認知症があっても良かったことは、覚えている。整膚をすることで、自律神経が安定して絆が深まった。
 私は、これからも整膚を勉強して、人々に「愛と快」の幸せのドアを開いていきたい。母の事例の経験から一人でも痛みが取れるように整膚をもっと普及して社会に貢献していく。




                            保健師・整膚師 日本整膚医学博士 松本 弘子

1.はじめに
 ひとは誰でも年齢を重ねるにつれて顔のしわ、たるみ、しみなどによって若い頃の容貌と変わってきていることに対して、ほぼあきらめの境地で過ごしているように思います。
 私自身、容貌と共に容姿や毛髪、爪などに表れている変化を受け入れてはいるものの、老化を防ぐという課題にも関心を持ち続けていました。
 平成28年8月に整膚師資格証書をいただき、整膚論の実践の中で整膚と美容について学びました。平成30年1月に発行された整膚美容大全には年代別のしみ、しわ改善の整膚という項目があり、70歳以上のしみ、しわ対策も書かれていることに感動し、整膚美容学博士コースにチャレンジしました。
 整膚美容の他者への実践経験はまだ浅いため、自分自身の身体に生じた変化をもとに、「整膚美容実践による皮膚・爪の変化」としてまとめました。

2.本論
1)皮膚について
その1 顔のしみ
 70歳代になってから急激にしわ、たるみ、しみが気になり特に右頬にとりの足跡様の3本のシミが気になっていました。
 朝夕の洗顔後に行う七孔整膚に合わせて、気になるしみの部分のまわりは指松法で細かく行った所、3本の線上のしみの内一番中側は消え、真ん中の線は点と面に分かれて少し薄くなりました。1番外側の線は3分の1は薄くなりましたが、消失には至っていません。

その2 下肢(脛)の掻痒症
 数年前から、皮膚が乾燥する秋から冬にかけて入浴等で身体が温まると途端に、掻痒症が始まり掻かずにはいられない状態で、時には血がにじむほど掻くために、その部分はいつも麻布を触るような感触でした。
 気相整膚で行うようになってからは忘れたように痒みは消失していましたが、季節が巡ってくると又同じ状態になってしまい、選択の洗剤を変えたり化学繊維の衣装は直接皮膚に触れないように工夫しても変化はありませんでした。 そんな時、整膚書斎師範コース最後の講義で、徐堅先生から痒みに対する整膚の実践について、一人一人手を取ってのご指導をいただく機会に恵まれました。
 帰宅後、早速学んだ通りの方法(従来の気相整膚の2分の1くらいの力)でやさしく整膚をした所、乾燥していた皮膚が湿潤して痒みが落ち着いて、木綿のような肌触りになり、次第に絹のような肌触りへと変化しつつあります。

2)爪について
その1 足の爪
 10数年前から両足の親指の爪が白く肥厚し、伸びた爪を切るとボロボロと砕けて形にならない状態が続いていました。皮膚科受診の結果、水虫でもなく明確な診断名もないまま軟膏が処方されました。
 その後、爪に特別な変化はなく耐えがたい症状もないために治療は中断していました。
 平成30年1月21日に第二期整膚美容学博士コースに入学し同時期に発行された『整膚美容大全』を元に爪の整膚として、指松法、単指括法を取り入れ数日後、 肥厚していた爪の3分の1程度は平たくなって表面の色も飴色に変化しました。その後、毎日1回2~3分の整膚ですが継続しているうちに、ほぼ正常に近い状態になりました。

その2 手指の爪
 約20年前から左手の親指の爪が縦に裂けたようになり、甘皮の部分が腫れて強い痛みを感じていました。足の爪と同時に皮膚科の診察を受けても、 特別な病名も治療法もないために放置していました。途中で一度痛みが強くなった時に、鍼灸院での治療で痛みがやや軽減しましたが、完治することなく治療を中断していました。
 平成30年1月に足の爪と同様の手技で整膚を始めたころは、まだ甘皮の腫れと痛みが続いており入浴時に強いシャワーが当たるとフェイススケール5程度の痛みを感じたのですが、 三層になっている爪の一番奥の層から回復の兆しが見え、甘皮の腫れも引いてきました。9か月後の現在爪の表層は、あだ裂けていて痛みはフェイススケール3程度ありますが、圧迫したり物が当たったりしなければ、痛みを感じることはなくなりました。

3.まとめ
 整膚論を学び始めてからまだ2年余りで、数少ない症例から論文をまとめることは困難ですが、整膚によって自分自身の皮膚や爪の状態が変化した事実は生きた症例としてどなたかのお役に立つかもしれないという思いでまとめてみました。
 このまとめに当たって気付いたことは
@整膚の技法70余種類と言われている中で自分はどれだけの技法を駆使できているか。最もふさわしい技法を用いていれば効果が早く表れたのではないか。
A骨や関節の上にある皮膚は絶えず無理をしていて、特別なケアを必要としているのではないだろうか。
B昨年9月から開始した運動型通所サービスに於いても、専門医に受診したけど「お年だからもう治りませんよ」と言われていた腰や膝の痛みが嘘のように改善した例も多くみられます。 医療現場では諦めざるを得なかったような症例が、整膚という手技によって病苦を緩和し、健康に導く事ができるという確信。

 以上のまとめにより、今後私の取り組むべき課題が明確になりましたので、次々と進化してゆく整膚論に取り残されないように学びを続けなければと意を新たにいたしました。







Copyright 1994-2019 Nagoya Seifu Institute All Right Reserved
本サイドは整膚学園によって管理・運営されています。
本サイドに掲載されている画像・文章等すべての内容の無断転載、引用を禁止します。
Last Updata: 2019.7.27
お問い合わせ